【空腹最強】1日2食で健康体へ

スポンサーリンク
健康

こんにちは!ヤックル(@yackle89)です!

今日も『幸せなお金持ち』を目指して、情報発信をしていきます!


著書:「空腹」こそ最強のクスリ。
本書で推奨している1日2食のプチ断食「オートファジー」
1年間実践した結果を説明します。

結果からお伝えしますと

  • 血液検査が大幅に改善
  • ムリなく痩せられ、リバウンドなし
  • 疲れにくく、頭がさえる
ヤックル
ヤックル

体重が増えて、ダイエットしなきゃ!

食べるとすぐ眠くなるし、疲れやすくなった…

そういった人はぜひ読んでみてください。

以下の項目で説明します。

  1. 「空腹」こそ最強のクスリの基本情報
  2. 1年間の実践結果
  3. なぜ、空腹がそんなに良いのか

「空腹」こそ最強のクスリの基本情報

基本情報は、以下の3点となります。

  • 1日3食は食べすぎ
  • 食事は1日2食!16時間断食のやり方
  • 空腹というクスリ

1日3食は食べすぎ

みなさん、1日に何回、食事をとっていますか?

おそらく多くの方が、3食だと思います。

私自身も昔から「健康の基本は、1日3回、バランスの取れた食事」
と家でも、学校でも教えられてきました。

本書で述べられている、1日3食の弊害は以下のとおりです。

  • 胃腸をはじめ、内臓が十分に休むことができず、疲弊する
  • 体内で炎症が起きやすい
  • 「食べすぎ」を招き、肥満になりやすい
  • 高血糖になりやすい

成人が一日に必要とするカロリーは1800~2200キロカロリー
外食が多い人はどうしても高カロリーになりやすいです。
一回の食事で1000キロカロリー越えのメニューもたくさんあります。

つまり、1日3食で、本来必要な量の1.5倍~2倍のカロリーを摂取しています。

食事は1日2食!16時間断食のやり方

本書で一番重要なのは、「ものを食べない時間(空腹の時間)を作る」!

どれくらいの時間を推奨しているかと言うと

16時間!

ヤックル
ヤックル

16時間も何も食べないなんて絶対ムリ!!

おなかすいて、力がでないよ!!

初めに聞いたときは、絶対にできないだろうと思いましたが、
以下の方法で、もう1年以上の継続ができています。

16時間断食のやり方
  1. 睡眠8時間+8時間=16時間(睡眠時間もOK)
  2. 空腹時間以外は、何をどれだけ食べるのも自由
  3. 空腹時間中でも、ナッツ類なら食べてもOK

①16時間の中には、睡眠時間を含めても良いです!
 8時間睡眠+8時間の空腹時間が確保できればOK!

  • 20時に夕食を終える
  • 24時に就寝(20時~24時:4時間)
  • 08時に起床(24時~08時:8時間)
  • 12時に昼食(08時~12時:4時間)

上記のスケジュールで16時間の空腹時間を確保!
仕事の都合等で、夕食が遅くなっても10時間確保できれば、ほぼOK!

➁空腹時間以外は、何をどれだけ食べてもOK!
 「一日に〇品目摂る」や「〇や△は食べてはいけない」といった
 細かい面倒なルールはありません。

③空腹時間中でも、ナッツ類なら食べてもOK
 ナッツ類(できれば味付けなし、素焼きのもの)で空腹を満たして良いです。
 ナッツ類は、古代人が主食にしており、血糖値の急激な上昇を抑えつつ、
 少量で満腹感を得やすい特徴があります。

 ナッツ以外にも生野菜サラダ、チーズ、ヨーグルトでも大丈夫です。
 大事なのは『無理せず、長く続けること』です。

オススメのナッツは以下の商品です。
値段もお手頃で、美味しい!小分けにして朝食べていました。

1年間の実践結果

  • 朝食を抜くだけで、昼食・夕食は特に我慢することなく、ストレスは少ない
  • 最初の3カ月で5kg減量、ウエストも78cm→74cm
  • (身長cm ー 110kg)のベスト体重をキープ
  • 血液検査の結果、コレステロール・尿酸値、その他すべて基準値
  • もともと朝食は、納豆ご飯のみ
  • 昔から必ず朝食は食べるべき(思い込み)と思っていた
  • 午前中の胃が重い感じがなくなった

なぜ空腹がそんなに良いのか

糖質の摂りすぎを改善する方法、それは16時間の断食をおこなうことです。
食後10時間を超えてから脂肪が分解されエネルギーとして使われます。
そして、16時間を超えると「オートファジー」という機能が働くのです。

オートファジーとは

「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」
細胞が飢餓状態や低酸素状態に陥ると、活性化するといわれいます。

オートファジーによって

古くなった壊れたりした細胞が内臓から新しく生まれ変われば、
病気を遠ざけ、老化の進行を止めることができるのです。

まさに「空腹は最高のクスリ」なのです。

半日の断食が、体の不調や病気、老化を遠ざけてくれます!

まとめ

今回、1日2食のプチ断食「オートファジー」の体験談を紹介しました。
朝食は必ず食べなさいと教えられた自分としては、半信半疑で続けたプチ断食ですが、
すごく効果があったと実感しています。

まとめ
  • 1日3食は食べすぎ
  • 睡眠時間を含めて16時間の空腹時間を確保する
  • 空腹時間以外は制限なし
  • 空腹時間でもナッツ類ならOK
  • オートファジー(空腹時間16時間)で若返る!

注意点として、あくまで成人している方のみとして下さい。
子どもには、3食しっかり食べさせましょう!

資産形成するために投資は大切ですが、自分の健康への投資はとても大切ですね。
お金持ちになって、健康で美味しいもの食べて、いっぱい旅行したです

それでは,これからも学んで行動を続けていきましょう!
以上、ヤックル(@yackle89)でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました