【体験談】12月31日からでも『ふるさと納税』はできます!

スポンサーリンク
雑記

こんにちは!ヤックルです!

今日も『幸せなお金持ち』を目指して、情報発信をしていきます!

『ふるさと納税』をやった方が良いとは思いつつ、まだやったことない会社員の方は必見です。

私の昨年の体験から『ふるさと納税』は、『12月31日』から開始しても可能です!

『ふるさと納税』をしたことない人は、ぜひ読んでみてください。


全体の流れ

  • 12月31日 20:00 子供が寝たので『ふるさと納税』を調べる
  • 12月31日 21:00 さとふる登録・返礼品を選ぶ
  • 12月31日 22:00 注文完了
  • 1月10日まで    各自治体へワンストップ特例の用紙提出
  • 1月10日以降    返礼品で豪遊!
  • 6月以降      住民税が安くなってる!

12月31日まで 商品購入手続き

2020年12月31日 20:00

私はそれまで、『ふるさと納税』という言葉は知っていましたが、なんとなく億劫で、調べることも利用したこともありませんでした。

コロナ禍でもあり、帰省することもなく、子供たちが寝てくれた後、妻と紅白を聞きながら、スマホを見ていると

『ふるさと納税』は12月31日まで

その記事を見て、『まだ間に合うんだなぁ』と思い、調べてみることにしました。

2020年12月31日 21:00

ネットで調べてみると、以下のことが分かりました。

ふるさと納税の手順

(1)寄付金上限を調べる

     ⇒ 年収、家族構成で大体の上限金額が判明

(2)寄付する自治体を決めて申し込む

     ⇒ 自分の住んでる自治体以外ならどこでも可能

(3)寄付先を5個まで、年末調整する会社員なら『確定申告不要』

     ⇒ ワンストップ特例

(4)「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」って書類と免許書コピーを郵送

     ⇒ 1月10日までに送ればOK

(5)もともと払う住民税を別の自治体に払い、返礼品をもらうことができる!

まずは、CMで見たことがある『さとふる』というサイトに登録しました。

ふるさと納税サイト【さとふる】ランキングとレビューで探せる認知度No.1
ふるさと納税をはじめるなら「さとふる」。お米、お肉などおすすめの特産品がランキング形式で選べます。ふるさと納税や確定申告・ワンストップ特例制度の仕組みをわかりやすくご紹介。寄付の限度額が計算できる控除上限額シミュレーションや、寄付管理、手続きが簡単に行えるサービスをご提供しています。


そこで、自分の金額上限を確認し、各種返礼品を吟味し、クレジットカードを登録して購入しました。

購入手続きは『12月31日』までに完了が必要です!


2020年12月31日 22:00

『ふるさと納税』の購入手続きを完了

思い立ってからわずか二時間程度で、購入処理を完了することができました。

1月10日まで 書類提出

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類を印刷し、必要事項

(名前、住所、マイナンバーカード番号、 寄付金額等)を記入し郵送します。

書類の郵送は『1月10日』までで大丈夫です!


1月10日以降 返礼品を楽しむ

購入処理が終われば、返礼品が届くのを待つばかり。

注文した返礼品

・いくら:北海道八雲町:28,000円

・もつ鍋セット:福岡県宇美町:30,000円

・干物詰め合わせ:静岡県沼津市:10,000円

特によかったのが、いくら!

110g×10パックあり、少し小粒にはなりますが、大満足の返礼品でした!

鱒いくら醤油漬け 110g×5パック【2セット】| お礼品詳細 | ふるさと納税「さとふる」
いくらを堪能したい方向けに、ボリュームと使いやすさを実現しました。

6月 住民税が安くなっている!

2021年6月に『住民税決定通知書』が届き、住民税が安くなっている

(正確にはふるさと納税で先に納付:返礼品を貰う)ことが確認できました。

昨年までは、ただ払うだけの住民税ですが、今年は返礼品が貰えています!

節税ではありませんが、税金取られ放題のサラリーマンにとって、数少ない税金対策となります。

絶対にやった方がお得だと感じました。

まとめ

今回、私の初めての『ふるさと納税』体験をお話ししました。

実際まったく知らない状態から2時間程度あれば、注文まで可能であり、収入・家族構成によっては

数万円相当の返礼品を貰うことができます。

まだやったことない会社員の方であれば、是非やってみてください。

これからも学んで行動を続けていきましょう!

以上、ヤックルでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました